新規サイトにアクセスが集まらない理由

新規サイトや新規ドメインだとなかなかアクセスが集まりません。始めてブログを始めてた人が続かない理由もアクセスがほとんどなくて収益が上がらないからが多いですね。

本当のGoogleの中のことはわかりません。いくつかのブログをやっていて感じたことを書いてみます。ブログを始めてアクセスが上がらないと悩んでいる人の参考になるかもしれませんよ。

Googleのクローラーとインデックスは遅い

ブログのアクセスはGoogleの検索結果からが一番多いのです。そのGoogleの検索結果に表示されるにはGoogleのクローラーが自分のサイトを巡回してくれてインデックスしてくれるのが最低条件です。

そのクローラーが巡回してくれる頻度やページ数、インデックスするまでの期間は想像より長くかかるのです。1日や一週間といった期間ではなく、新規サイトなら数ヶ月が目安といっていいでしょう。それくらいGoogleのインデックスは遅いのです。

ブログをやっているなら記事を書くのに数時間から数日で完成します。意気揚々と記事を公開するとすぐにアクセスが来ると思っていたら大間違い。まったくといっていいほど反応がありません。ブログは自分の意気込みとGoogleのやる気のギャップがやる気をなくさせるのかもしれませんね。

サイトによって優先度をつけている

サーチコンソールのクロールの統計情報で複数サイトを比較するとクロール巡回頻度が違っているのがわかります。サイト運営歴が長いものと現時点でアクセス数が多いものはクローラーが頻繁に巡回してくれます。

新規サイトで記事数を大量に投入してもクローラーはまったくといっていいほど来ません。サイトマップを送信してもフェッチで送っても変わりません。新規サイトの潤会頻度が低いのがわかってきました。

クローラーの頻度をサイトによって変えるのは世界中のサイトを管理しているGoogleの立場に立って考えればわかることです。人気の高いGoogle検索結果に貢献しているサイトを優先してクロールして、質が高いかどうかもわからないサイトはとりあえず程度にしか巡回しない。普通に考えてみれば当然ですよね。

おそらくGoogleはサイトによってクローラーの巡回頻度の差をつけているのだと想像できます。人気や老舗のサイトは頻繁に巡回し、新規サイトはとりあえず巡回するだけ。そんなイメージです。

クローラーのリソースが限られている

サイトによってクローラーの優先順位をつけているのはGoogleサーバーリソースにも限りがあるからです。どんなサイトも同じように循環するのは非効率です。効率よくサイトを循環するなら優先順位を付けてクロールさせるほうがサーバーの負担も軽くなりますからね。

インターネットのダウンロードやアップロードも容量によっては一瞬では終わりません。数メガから数ギガあると数十分か数時間かかることもあります。ネットの回線容量も限りがあるのでGoogleクローラーも新規サイトにリソースを振り分ける余裕がないことが想像できます。

新規サイトを運営していくにはGoogleのクロールバジェットが少ないことを考慮するしかありません。昔から運営しているサイトは有利ですし、新規ドメインのブログは不利なのは否めません。こればかりは文句をいってもどうにもありませんので、じっくりと運営してGoogleからの評価をあげていくしかありません。

新規サイトはじっくり運営

ブログが続かないのはアクセスが来ないからと収益が上がらないからです。Googleの立場から考えると新規サイトを優先しないのは当然です。ですから始めたばかりのブログはじっくりと運営するつもりでがんばっていくしかありません。

今のGoogleは品質が良いサイトは優遇してくれる傾向があります。今後も質の良いコンテンツを提供するブログは優先されると想像できます。

これからブログを始める人は、最初の数カ月はじっくりと記事を書いていくつもりで運営していくといいと思いますよ。

コメント