SEOとアクセスアップにおけるデザインの重要性とは

ブログやサイトをSEOの知識を使ってアクセスアップを考えますよね。タイトルの付け方だったりコンテンツの文字数、写真や画像、外部リンクや引用などあらゆる対策をします。その中でデザインはどういった考え方で望むのかいいかSEOの観点から考えている記事です。

初心者のうちはコンテンツよりデザインが気になってしまいます。ほかの検索上位のサイトはきれいなデザインで見やすかったり、かわいかったり、かっこよかったり。魅了的なサイトばかりです。

その中で自分の質素なサイトデザインが受け入れられるのか心配になります。だからテンプレートを弄ったり、CSSを修正したりして見栄え良くしようと考えます。でもそれってSEO、アクセスアップに重要なんですかね。

デザインは最後の最後で大丈夫

デザインの仕事やレイアウトやカラー配色が得意でなければサイトやブログのデザインは後回しで大丈夫です。大きくはアクセスアップに影響ありません。

もちろん同じ程度のコンテンツであれば見かけがしっかりしているほうが見て貰える確率が高くなります。しかしそれよりも、コンテンツが重要です。

デザインが良い方と、コンテンツが良い方であればGoogleのアルゴリズムはコンテンツが良い方を重視します。当然ですよね、デザインは人にとって良し悪しが変わるものですから。

コンテンツはGoogleのアルゴリズムは判断できるようになってきています。ユーザーが望むコンテンツかどうかくらいは機械的に判断しています。

ブログ初心者の人はデザインを重視する時間をコンテンツに注いだほうがアクセスが増えます。記事を書き続けて飽きてきたらスキマ時間にデザインをいじるのは結構です。でもだんだんデザインや見た目の作業ばかりに気を取られて肝心なコンテンツがおろそかになってしまうのも初心者にありがちなパターンです。

デザインはブログのコンテンツが充実してきた段階で考え始めれば問題ありません。それまではとにかく自分のコンテンツを増やすこと、質を上げることをメインに考えてください。それが最善の方法です。

見た目テンプレートも影響は少ない

WordPressの有料テンプレートも意味がないとはいえませんが、有料だからといって無料に勝てるわけではありません。何度もいうようにテンプレートよりコンテンツです。超かっこいい有料テンプレートより、質の高いコンテンツがアクセスを集めるのです。

目からの情報は重要です。誰でも見た目が気になってしまうのは仕方ありません。ここは心をお煮にしてデザインは後回し、コンテンツに集中しましょう。

コメント