ブログのアフィリエイトはオワコンなのかを考えてみた

かの著名人であるイケハヤさんがブログがオワコンと炎上狙いで語っていますね。そこで本当にブログはオワコンなのかしっくりと考えてみました。

炎上商法であるイケハヤさんのことをとやかくいうことはありません。それぞれのキャラクターでビジネスを行っているのです。イケハヤさんのことが好きでも嫌いでも問題ないと思っています。好みは人それぞれですのでね。

この記事はブログがオワコンなのかを個人の意見で考えてみたことを書いています。イケハヤさんの批判でも将来の展望でもありません。初心者がブログを始めてみようと考えているときの参考にしていただければと思います。

ブロガータレントはオワコン

最初にイケハヤさんのブログからオワコンの理由を引用させていただきます。

SEO依存のブログは厳しい。

検索結果からユーザーがブログに流れてくることは減る。

人は動画のような「情報量の多いコンテンツフォーマット」を好む。

テキストを読む人は減っているし、今後も減っていく。

ブログは閲覧までのパスが遠い。コンテンツはプラットフォーム上で消費されるようになる。

広告予算もブログ以外にシフトしていく。アフィリエイト予算を削って、動画広告に流れた広告主は実際いる。

イケハヤさんのブログ

イケハヤさんがブログがオワコンである理由をざっと読んでみるとイケハヤさんがオワコンなだけであることがわかりました。

今まではYouTubeのような動画コンテンツが少なく、ネットのコンテンツといえばテキストが主でした。回線速度も容量も少ない時代には動画を視聴することは困難です。低容量の時代でしたからテキストサイトが重宝されたのです。

ネット回線の速度と容量が増え、パソコンの処理速度、スマホの登場などによりネットのコンテンツはテキストから画像や写真となり、今ではYouTubeや動画配信サービスなどの映像が主流になってきました。

ストレスなく楽しめるコンテンツとしては映像が気楽に閲覧できます。休日にテレビをぼーっと見ている感じですね。休日に小説やラノベなどの文章コンテンツを楽しむ人と、テレビや映画などの映像コンテンツを楽しむ人。どちらが多いかはデータを比較しなくてもわかりますよね。

イケハヤさんがオワコンなのはテキストを楽しむ層が映像に移ったということです。これはテキストタレントのファンが動画タレントに奪われたことを意味します。要するにテキストコンテンツより動画コンテンツのほうが気楽で楽しいよねってことですね。

テキストコンテンツは映像コンテンツと違う

ブログタレントのようにテキストでコンテンツを配信する人は小説家やラノベ作家のようなものです。文章でコンテンツを配信するのです。ユーチューバーは動画でコンテンツを配信します。要するにテレビや映画のようなものですね。

テキストと映像ではユーザー数が違います。おわかりだと思いますが、映像を楽しむ人が多いのは明らかです。休日に文章を好んで読む人はテレビや映画を楽しむ人より少ないのです。

ユーザー数では文章は映像に負けます。負けるというのはユーザー数が違うだけで内容が悪いという意味ではありません。文章を好む人も映像を好む人もいてそれぞれが共存しているのです。

ブログバブルはオワコン

こうして考えてみるとテキストコンテンツであるブログはバブルが終わったと考えられます。今でいうユーチューバーのやっていることをブログ内でテキストで表現していたのですね。それをユーザが楽しんでいた。そのユーザーがYouTubeに移っていたのです。

イケハヤさんのようにブログでタレント活動をするのは確かにオワコンかもしれません。炎上商法ならYouTubeでやったほうが再生数や注目度は高いでしょう。映像コンテンツは魅力がありますからね。

ブログがオワコンなのは誰でも簡単にバブれるのはオワコンなのです。内容の薄い文章でブログを書いても誰も閲覧してくれない時代となりました。今の時代に第二のイケハヤがブログで人気になるのは難しいでしょうね。

文章がある限りブログは生き続ける

ブログは第二フェーズに移行しています。イケハヤさんのように薄いコンテンツではなく、しっかりとした内容のブログが重宝されています。薄いブログはオワコンです。

ブログにはブログの良さがあります。YouTubeの動画とテキストのブログは生きる道が違うのです。どちらも良い面と悪い面があり、共存して成長し続けます。

ブログはオワコンではありません。ブログがオワコンになるときは日本語がオワコンになっています。ブログは新しい時代に新しい方法論で成長し続けるのです。

コメント