Spotifyとyoutube、音楽ストリーミングサービスを選ぶ方法などについて

PCで作業をしているときや本やスマホを見ているときなどにBGMを流しています。そのBGMについて書いてみようと思いました。ちなみにこの記事はSpotifyを流しながら書いています。

音楽は趣味程度で結構好きなのでよく聞いています。邦楽洋楽問わず。とはいっても最新ランキングやメジャー楽曲を追ったりすることはなく、昔の曲や懐メロ系がほとんどです。

BGM系サービスのSpotify(スポティファイ)とアマゾンプライムミュージックとyoutubeを少し使っていたのでその感想を書きます。

youtubeのBGM系は著作権に難ありだけど充実

youtubeでは違法アップロードがたくさんあり結構楽曲には恵まれています。違法ですので本質や画像、クオリティはいまいちですけどね。アーティスト公式チャンネルがあるばあいはPVもあって満足度は高い。でもショートバージョンだったりるすことも。

クオリティや著作権を考慮しなければ楽曲数は豊富でだいたい違法アップロードされています。youtubeは無料で視聴できますのでモラルの問題ですが一番とっつきやすいかと。あと最初と途中に広告が挟まれることがあるのでその点は仕方ないかと。

アマゾンプライムミュージックはアプリと楽曲数がいまいち

僕はアマゾンプライム会員ですのでプライムミュージックが聞けるということもあり少し前まで聴いていました。でも今では聴いていません。

一番の理由はログインとアプリの完成度が低いような気がするから。僕の環境だとなかなか再生されなかったりすることが多々あり結局youtubeに移動していました。BGMを再生するまでに数分かかることがあり面倒になったのが一番の理由です。

次の理由は楽曲の乏しさ。無料であの楽曲数が聴けるというのは十分です。でも実際に使ってみると僕の聴きたいようなジャンルや楽曲がありませんでした。レコメンドやラジオ再生などはよいと思います。

音楽ストリーミングサービスは結局自分のお気に入りのアーティストが参加しているかどうかによると思いました。その点で僕にとって聴きたい楽曲やアーテストが少なかったというのが一番の理由かもしれませんね。

Spotifyはアプリも安定しているし楽曲も豊富

今でも使っている音楽ストリーミングサービスはSpotifyです。今はSpotifyとyoutubeを併用して使っている状況です。Spotifyが気に入っていいるのですがフリープランなので30日あたり最大15時間という制限があります。ですからSpotifyではない楽曲が聴きたい場合などにyoutubeを利用しています。

月15時間というとあっという間な気がしますが自分にとっては十分な長さです。常に再生しているわけではなく、BGMがない方がいいときもあり机に張り付いているわけでもないから。常にデスクワークが主な人は15時間では少ないですよね。

Spotifyは4000万曲以上の楽曲ということでなかなかに豊富です。とくに僕が聴きたい楽曲が多くその点でも気に入っています。どの音楽ストリーミングサービスを利用するかは自分が聴きたい楽曲やアーテストが参加しているかどうかを確認すると失敗しないと思いますよ。

でも自分の気に入った楽曲やアーティストだけしか聴かないのであれば購入しておけばいつでも聴けますし定額料金もかかりません。ですからプレミアムプランに課金するのをためらっています。

音楽の探し方は3種類

音楽ストリーミングサービスを検討する前に音楽を選ぶ方法を考えてみました。大きく分けると3つかなぁと思います。

昔からのよくある楽曲発見のしかたはランキングからですね。歌のトップテンやオリコンランキングが有名ですよね。ほかにも雑誌やサイトなどのメディアに掲載されているランキングからしることが多いと思います。

次はどこからかのメディアでの露出を耳にしたり目にしたりと。ランキングではないですけど流れていたり紹介されていたりと偶然気に入ってしまう方法です。自分が選択しない目新しい楽曲に出会う可能性が高い方法です。でも実際はなかなか出会わないですね。

自分の気に入っているアーティストや楽曲の類似や似ているところを引っ張ってくる方法です。このアーティストが好きならこのアーティストもおすすめというやつです。類似で探すと自分が気に入った楽曲が見つかりやすいですけど、逆に似たようなものばかりになりやすいことにもなります。

音楽ストリーミングサービスは楽曲を探す3つの方法が使われています。ランキングもありますしおすすめプレイリストやラジオもあります。レコメンドとして類似楽曲も充実しています。欠点は音楽ストリーミングサービス内の楽曲しかないということ。でも4000万曲もあれば十分かもね。

音楽の聴き方は2種類

音楽を聴くのは自分の気に入った楽曲を聴くのと何でもいいから聴きたいのに別れます。音楽ストリーミングサービスを利用して満足する人は何でもいいからたくさん聴きたい人。聴きたい曲が決まっている人。あまり気に入らない曲は聴きたくない人には向いていません。

プレイリストやランキングを再生しているとどうしても耳になじまない楽曲が流れてきます。それらの曲を許容できるかがサービスを継続するかどうかの分かれ目だと思いますね。

僕はなんでも聴きたいよと思っていましたが、プレイリストを流しているとどうしてもスキップしたい曲が入ってきます。そんなのが続くとプレイリスト再生は満足できないなぁと。スキップすればいいんだど作業中にスキップする手間は結構面倒なのです。

まとめ

Spotifyは自分の気に入ったアーティストが複数参加していますので今後も利用させていただきます。PCで流すことがほとんどですし、デスクワークも多くないのでフリープランの月15時間で利用させていただきたいと思います。Spotifyとyoutubeの併用ですね。

今後利用時間が増える可能性があればSpotify Premiumを購入するかもしれません。今でも購入してもいいかと思っているくらいサービスは充実しています。

音楽ストリーミングサービスは自分の気に入ったアーティストが参加しているかどうかによって選択すればいいと思います。僕はSpotifyが気に入っているので今後も利用させていただきます。みなさんも気に入った音楽ストリーミングサービスが見つかるといいですね。

コメント