クレジットカードはひとつにまとめると支出管理が簡単になるのでおすすめ

クレジットカードは今の時代に必須です。キャッシュレス還元などの施策もあり、今後はもっと実際のお金を使わない生活になると想像できます。

その場合に必要になってくるのがクレジットカードです。どんなクレジットカードを使っているかは生活圏内の商業施設や交通関係によります。ですのでどのクレジットカードが一番かは人によるので判断は難しいです。

ほかにもクレジットカード選びにポイント還元率を重視してしまう傾向にあります。どのクレジットカードが自分にとっていちばんお得なのか。いろいろ調べていくと還元率に差があることがわかってきます。

しかしお金の管理に関していえば、クレジットカードはひとつにまとめるのが正解です。ポイントが1%高いからといって複数のクレジットカードを使っていると実際に自分がどれだけの支払いをしたのかがわかりにくくなってしまいます。

ですので、数パーセントのポイントさは気にせず、自分が気に入ったクレジットカードを一つ、多くても2つまでに抑えておくことが家計管理にとっては大切です。ポイントを多くもらったとしても、お金の管理が難しくなり結果として損をしてしまうことにもなりかねません。

クレジットカードは安定した仕事さえしていれば比較的簡単に申し込むことができます。申し込み自体にもポイントが貰えたりとおとくなキャンペーンがあります。さらに通っているお店でも専門のクレジットカードを発行していたりすると、ついでに申し込んだりしてしまいます。ですので複数のクレジットカードを持つことになってしまいかねません。

クレジットカードは解約をするのも一手間かかります。ネットで解約するにしても、電話で解約するにしても、めんどうなことには変わりありません。使わないクレジットカードでも解約するのが面倒だからといって放置しているとどんどんクレジットカードの枚数が増えていってしまいます。

使っていないクレジットカードと今後使わなくても不便がないカードは解約してしまいましょう。クレジットカードはメインに一枚、サブで一枚持っているくらいがちょうどいいのです。

ポイント還元よりもシンプルな生活スタイルを目指しましょう。お金の管理が簡単になればポイントよりも得することが増えるはずです。クレジットカードは余分に持たないこと。これはシンプルな生活する上で大切なことです。

コメント