『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の感想。最後はラストシーンのネタバレと考察

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』2012年作の感想。踊るシリーズのファイナルを飾る今作。刑事物のサスペンスとアクション、ちょっとミステリー要素もあります。フジテレビがほこるお祭りムービーです。

結論から言うと良かった。そうはいっても第一作とレインボーブリッジを超えることはなく、無事にファイナルを迎えたという印象です。

織田裕二演じる青島刑事はまだまだ現場を走り回り、柳葉敏郎の室井は指揮系統から現場をサポート。初期からの構図をうまく表現できていると思いました。

Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

ストーリーはご都合主義があるも楽しめた

前回のハチャメチャストーリーではなく、まとまった構成で安心して観続けられました。そんなの無理があるよとご都合主義を感じながらも結末が気になる映画となっているので良しとします。

青島の現場で暴れる様子と、室井の指揮官としての覚悟が胸を熱くさせます。踊るシリーズの魅力はやっぱりこの二人のやりとりなんだよなと思い出しました。

詳細なミステリーと構成から犯人像を割り出していく映画ではなく、ある程度の流れから映像を楽しめるのが踊るシリーズの醍醐味です。それが今作には余すことなく表現されています。青島には細かいことより現場で走り回ってほしいですからね。

今作から観ても楽しめる映画

今回の『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』は前作までの流れはありつつも、今作だけ観ても楽しめる内容です。今までの踊るシリーズを知らないと理解できない部分は少なく、初めて観る人でも十分満足できる映画となっています。

そうはいってもファイナルだけあって、今までの出演者の成長が感じられるのでシリーズを通して観るとよりいっそう踊るシリーズを満喫できます。

お祭り度は控えめ

今作は今までと比較してお祭り度は控えめな気がします。ファイナルだけあってまとめていかなくてはいけないからか、人間ドラマが大部分を占めています。

ラストに向けての逮捕シーンまでは警察署内での展開がほとんど。もう少し青島の現場での暴れっぷりを見たかった気もします。青島も年なのかなあと思ったりも。

ラストシーンについて

賛否両論あるラストシーンについてはネタバレとして最後の方に自分なりの意見を書いています。犯人逮捕のためのシーン。無理がある展開は踊るシリーズにつきものですが、それよりもあのはっきりしない結末には複雑な思いがあります。

僕としてはどうあったとしてもハッピーエンドで終わってほしかった。ほかに泣けたり悲壮感のある映画はたくさんあります。踊るシリーズはどうあがいてもご都合主義のお祭り騒ぎ。それの最後が微妙な感じなのはいただけません。

踊るファイナルは観る価値のある良作

踊るは時代が変わりエンタメとして陳腐化しているのと、前作で大コケしてしまったため今作もいまいちな位置づけになっています。しかしこの映画はファイナルとしてはふさわしく、踊るファンであれば十分楽しめ、ひとつの時代の終わりを飾ります。

ただこの作品だけ観ては魅力の100%を味わうことはできません。今までの踊るシリーズを楽しんでからのほうが人間関係や人物像など深く理解できてラストを送り届けることができます。そういう意味ではファンに向けた最後の贈り物かもしれません。

僕は踊るシリーズ、青島、室井、いろんなキャラクターが好きです。時代が変わり踊るの雰囲気もいまいちになってしまったのは本当に残念です。しかし『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』はファイナルはファンとして十分なっとくができる映画となっていると思います。

そんな踊るシリーズのファイナル映画。最初から観るもよし、今作だけでも楽しめる映画となっているのでおすすめです。

【ネタバレあり】逮捕シーンとエピローグについての問題点

ここからは賛否両論あるラストシーンについて自分なりの考察を書いていきたいと思います。ファンならではの思いと意見です。

ラストシーンとは言わずもがな「バスで突っ込む」シーンです。バスで現場に突っ込んで大丈夫なのかという部分については踊るのご都合主義で良しとします。こんな細かいところは気にするところではありません。

問題は深津絵里演じるすみれさんが横転したバスから出てくるシーン。バスからどうやって出ているかの描写も曖昧であきらかにすみれさんが半透明の処理がされています。この部分だけから考えてもすみれさんは霊的ななにかになっているということです。

現場にバスで突っ込んであれだけの衝突があり最後には横転し運転席を下にしてフロントガラスが割れています。この状況ですみれさんが無傷なのがおかしいです。

バスから出てくるすみれさんは傷だらけになっているのが普通であり、最悪は気絶しているか死んでいる可能性もあります。それが無傷な状態の半透明で出てくるのですからこれは明らかに死んでいることを意味しています。

その後のシーンでもすみれさんの姿は見えません。これは入院しているからともとれます。ですからすみれさんが居ないから死んでいるとは早計な判断です。ラストなんだから病室からのシーンもあっても良い気もしますがそれも一切ない。これにも違和感があります。

最後のエンドロールの最後の写真には事故のあとのすみれさんと青島が立っている様子。二人がからあげ屋で敬礼している様子が流れてきます。これはすみれさんの状況を説明しているとしか思えません。

二人が事故の後に支え合いながら立っている写真はすみれさんが救出された意味だと思われます。その後の二人がからあげ屋で笑い合ったり敬礼している写真。この写真はなぜかすみれさん側だけシャッターが閉まっているんですね。これは「すみれさんのシャッターが閉じた」要するに「人生のシャッターが降りた」という死を意味しているのではないかと思います。

最後のからあげ屋の写真が三枚あります。そこでも気になる描写が。1枚目の写真にはすみれさんが左手を上げる招き猫を持っています。2枚目は二人で笑い合っている写真。そして3枚目にはすみれさんがもっていた招き猫が青島の左肩に見えるのです。

左手を上げる招き猫は雌猫と言われているそうです。とすればすみれさんは死んで魂になって青島の肩に乗っているとも考えられます。それを左手を上げる招き猫、雌猫とも言われているもので表現しているのかもしれません。

大人気の踊るシリーズのファイナルの最後の写真。それくらい考えてセレクトされていると思っても過言ではありません。ですから僕は最後の写真はシャッターが降りているのはすみれさんの死を意味し、招き猫がすみれさんの体から青島の肩に移動していることはすみれさんは魂になっても青島をいつも心配していることを意味していると思います。

さらにはパッケージの絵。すみれさん側から白い鳩が飛び立っています。劇中でも白い鳩はキーワードでも重要な暗号でもありません。なぜすみれさんから白い鳩が飛んでいる映像にしたのでしょうか。これも深く考えてしまうと、すみれさんはあの世に飛び立ってしまったと想像してしまうのではないでしょうか。

このことからどう考えてもすみれさんはバスの事故で死んでしまったと想像するのが普通です。もっとわかりやすく表現できないのはスポンサーの都合なのかもしれません。いずれにせよすみれさんは死んでしまったのは間違いないと思います。

踊るシリーズのファンとしてはすみれさんと青島は結ばれてほしかったですね。最初のからあげ屋のシーンは二人は結婚したのかと思わせるシーンでとても良いと思います。しかし物語のラストは救われない状況。これは涙ながらに語れません。

いろいろ感じさせるラストではあります。僕は無難に二人が幸せになってほしかった。なにもこんな救われない状況にする必要もなかったのではないかと思います。ラストシーンではバスの中で重症になり、入院して退院して青島と結ばれる。こんなベタな結末ではいけなかったのでしょうか。疑問が残ります。

以上、おわり。

Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

コメント