お金の貸し借りはしてはいけない理由とは

お金の貸し借りをしてはいけない

友人知人、親兄弟であってもお金の貸し借りはしてはいけません。いろんな事情や背景があるので絶対とはいえませんが、お金の貸し借りをして良いことはありません。

どうしてもお金に困っているのであれば、どうしたらいいのか教えてあげるようにします。お金を貸してほしいということは、なにか使う用途があるということ。それが借金の返済であっても、ほかからの支払いの督促であっても。とにかくいますぐお金を貸してほしい、お金が必要だと言ってくる人は何かしら目的があるのです。

お金を貸した人に返せる宛がないのであれば、まずお金は返ってきません。もし働いて給料をもらっていたり、親兄弟、家族からお金を融通してもらえるなら頼ってくることはないからです。

残念ながらお金を貸してほしいといってくる場合で、その後返せるあてがある人はほとんどいないのです。ですからお金を貸してほしいと言ってきた場合にお金を貸すことをしてはいけないのです。

お金を貸してほしいと言ってきたらどうすればいいのか?

お金についてじっくりと話せるのであれば、どうしてお金が必要なのかといった内容で相談するようにしましょう。その人にお金を貸してあげることが一番の解決方法ではない可能性があるからです。

もしかしてそのお金は払う必要がないお金かもしれないし、ほかに方法があるかもしれない。お金に困っている人というのは、考え方や視野が極端に狭くなっています。冷静な判断力が欠如しているため、第三者からの客観的なアドバイスはとても有効です。

お金を貸してほしいと言ってきた人には相談に乗ってあげることが一番です。もしお金を貸さないことで関係が壊れてしまったならそれはそれで仕方がないこと。お金を貸すことでつながっている関係はいずれ壊れてしまいます。

お金を貸さないことが相手のためになることもある

お金を貸すことで借りた人がもっと悪い状況になってしまう可能性もあります。お金を貸さなければ借金が増えなかったかもしれないし、無駄な出費を抑えられたかもしれない。安易にお金を貸すことは相手のためにならないのです。

お金に困っている人に一番の解決方法は、お金の知識をつけるということです。どうしてお金に困ってしまったのか?その根本的な部分を解決してあげなくてはいけないのです。

お金を貸してほしい、お金が必要なんだと言ってきた相手にはじっくりと相談することが一番です。自分だけで解決できないようであれば専門家や公的な機関に相談することも考えましょう。

コメント