アフィリエイトは有害なわけないから理由を説明

アフィリエイトのランキングや評判、売れ筋は良いものではなく成果報酬が高いものから紹介されているので有害とか弊害とされています。

たしかに良いとされている製品よりも報酬でランキングや紹介されているんだなあとわかることもあります。アフィリエイトをやっているとネットの評判を鵜呑みにしませんのでそのへんは大丈夫です。でもほとんどの人はアフィリエイトを知らないのでネットのランキングが本当だと信じています。

弊害なんて昔からだよね

報酬額が高いものから紹介されているから良くないというけれど、そんなの昔から歪められた情報ばかりなので今に始まったことではありません。ランキングが広告料の高い順だったり抽選が嘘だったり。いろんなことがデータに基づいた紹介ではありませんでした。

それがインターネットによってランキングが嘘だったりくじ引きにあたりが入っていなかったりすることが表に出てきただけです。

逆にインターネットは本当のこと、確実なデータをもとに作成されなければいけないのかというとそうでもありません。昔は正しかったことも現在は違っていたのが証明されたことも多々あります。

何が正しくて何が間違っているのかなんて時代とともに変化してきます。評価が変わらないものもあれば180度変わっているものもあります。要するにいつの時代も正解はひとつではないのです。

アフィリエイトは弊害ではない

話を戻すとアフィリエイトのランキングや紹介制度は弊害ではありません。赤を青といったりするウソを書いてはいけませんが、独自ランキングは有効ですし、紹介料の関係で一部紹介していない製品があっても仕方ありません。

クレジットカードのランキングでも種類が多くすべてのカードからランキングを作成するのは困難です。ポイント還元率などでひとつでも良いとされているカードが抜けていただけで弊害なのであればそれはそれで弊害なのではないでしょうか。

ひとつの世界の中での話としてあり

たとえば美人な人がいるとします。ある人がその人はとても美人でこの世にはこんなに美しい人はいないと思っています。でもそれは世界中の人を見比べての判断なのですか?そうではありませんよね。

商品の紹介はひとつの世界の中で選んだものを紹介しているだけです。必ず正しくないといけないわけではありません。他の人からみて納得がいかないランキングでも仕方ありません。その紹介者の世界ではそのランキングが正しいのですから問題ありません。

紹介者は必ず優れている商品を紹介しないといけないわけではありません。アマゾンで買ったパソコンが気に入って紹介したとします。ではアマゾンで売っているすべてのパソコンと比較したのですか?といわれればそんなことはありません。

アフィリエイトは自分が良かったと思ったものを紹介すればいいのです。それで他の人からのダメ出しがあっても仕方ありません。それが普通です。どんなに調査したとしても必ず穴があるのですからね。

コメント