電子書籍から雑誌への回帰が始まるだろう

雑誌の読み放題サイトというのがあって月額定額料金を支払うと提携している雑誌を読み放題というサービスだ。情報源として雑誌を検討しようかなと思い少し調べたり考えたりした結果、紙の雑誌への回帰が始まるのではないかと思ったりした。

電子書籍はKindleからAndroidやタブレットを利用してたりする。片手で見れたりかさばらないというメリットはあるものの、やっぱりデメリットも感じる。電子書籍やネットが普及するまでは雑誌をよく読んだり購読したりしていた。そのときは捨てたり処分したりすることが不便だなぁと思うくらい、とくに嫌な思いはしていなかった。一人暮らしの自宅ではカップラーメンの蓋の重しや鍋の敷物としても利用(笑)していたので結構活用していたと自負する。

さて電子書籍で雑誌を買ってみようかと思ってはいたものの躊躇している自分がいる。なぜなのかちょっと考えてみたらやっぱり紙の媒体が懐かしいという結果に。まぁそれだけではないけど、電子書籍で雑誌を読んでみようと思わないのは間違いない。

iPadやタブレットは画面が大きくスライドすればサクサク紙面を見ることができる。でもやっぱり大きな雑誌の見開きの魅力にはかなわない。最近メインのデスクトップPCのほかにノートパソコンを購入した。一番最初に感じたのが画面が小さく一覧性に乏しいということ。これは紙の雑誌の見開き一覧性と電子書籍の小さな画面の違いと同じような気がする。

一覧性というのは作業性や使い勝手に重要なポイント。電子手帳がイマイチで紙の手帳が使いやすいというのは見開いて一覧できるというのが大きいと思っている。画面をいちいちスクロールしたりタスクを切り替えたりと面倒だ。やっぱり大きく開き目線で情報を追いかけるほうが楽であり快適である。

すぐに読みたいからということでKindle本を買ったりする。一通り読む文には何も問題もなく読みやすく快適だ。でも二度見したり資料に利用しようとすると一気に面倒な媒体になってしまうのが電子書籍。思う位置にすぐに移動できない。2ページだけだとしても見開いておくことができないのが苦痛で仕方ない。

そこで雑誌を考えてみると大きな見開きで閲覧できるのはとても楽しく快適だ。資料としても開いたままにすることができて便利。あとは鍋しきにも……

スマホやタブレットがこれだけ普及した現在では電子書籍の普及は一旦一服するだろう。面白がって試してみたり新しいもの好きだったり。とりあえず触ってみたいという層には行き渡った気がする。

今後は電子書籍に向いているコンテンツは電子書籍で。紙の本が向いているコンテンツは紙に回帰すると感じている。僕が考える電子書籍に向いているコンテンツは動画のような一方通行なコンテンツだと思っている。ようするに漫画や小説など気になる箇所に戻ったりすることがない内容のことだ。

サラサラと流して読んでいったりする内容であれば電子書籍のメリットは十分に活かせる。漫画や小説、新書や読み物などが該当する。逆に参考資料や写真などを多用したりしている内容や、いろんなコラムやエッセイ、写真やイラストを飛ばし戻りながら閲覧する内容だと電子書籍には不向きである。

以上のことからバーンと見開きにできて、あっちこっちと飛び回りながら読むことができる紙の雑誌というのは今後見直されていくんじゃないかなぁと感じている。本は全て電子書籍ではなく適材適所に落ち着くということだ。

そんなこともあり僕はちょっと雑誌に戻ってみようと思う。

コメント