良いコンテンツ、品質の高いコンテンツとは

Googleは品質の高いコンテンツを書いてくださいといっていますよね。品質の高い?一体何ですかそれ?品質が高いといわれてもピンときませんよね。食事やカバンではないので品質の違いがはっきりしません。

この記事はブログを始めたばかりの人に「品質の高いコンテンツ」についてちょびっとだけ開設している内容です。検索結果の順位がつかなかったり、品質の高い記事がどんなものかわからない人におすすめの記事となっています。

検索者の疑問に答えているコンテンツ

Googleのいう品質の高いコンテンツは一番に検索クエリに合ったコンテンツになります。たとえば地元のおいしいラーメン店であればおいしいラーメン店を紹介している記事が品質が高いことになります。

それが地域が違ったりスパゲッティ屋さんや寿司屋さんを掲載していれば品質が低いということになりますよね。地元のおいしいラーメン店といったタイトルの記事にはカレーや寿司は必要ないのです。このタイトルと検索結果、記事内容の統一、これがひとつの品質です。

タイトルと内容を一致させるのは当たり前のように感じますが、これができていないブログが多いのでGoogleが品質を推奨しているのです。あたりまえのことをあたりまえに書いていくのが品質を高める第一歩です。

価値を提供しているコンテンツ

地元のおいしいラーメン店を検査してくる人においしいラーメン店を紹介するのは当然のこと。品質を高めるにはさらに一歩進んだ価値を提供する必要があります。

おいしいラーメン店を知りたかった人は次に何を求めているのか考えます。安く食べられる方法や、おいしいメニューだったり、隣町のもっとおいしいラーメン店だったりといろいろありますよね付加価値コンテンツは。

自分が考えられる付加価値コンテンツを追加で提供するとさらに品質が良いと判断されます。ただこの部分が助長すぎると検索結果にそぐわないと判断されることもあるのでさじ加減とセンスが必要になってきます。

検索者が好むコンテンツ

地元のおいしいラーメン店が1店舗しかなければそのラーメン店を紹介すればことたります。でも人気が二分しているのであればどちらを紹介すればいいのでしょうか?

たとえばA店とB店があります。片方の生地ではA店をおいしいとし、もう一方の記事ではB点を絶賛している。この場合にどちらの記事が品質が高いと評価されるのでしょうか。

結論としてはユーザーの好み次第となります。おそらくどちらも高品質と認められれば検索順位の1位と2位に位置するでしょう。では1位と2位の違いは何か?と聞かれた場合にユーザーの好みであると考えるしかありません。

おそらくどちらかのラーメン店に人気と好みが偏ると思います。その人気を得ているラーメン店を紹介している記事の順位が上になるでしょう。これがユーザーの意図を反映しているということです。

まとめ

品質が高いコンテンツを作成するにはロジックである程度は攻略できます。その先の品質にはセンスが重要になってきます。文章や紹介する内容、デザインや画像の選択など。あらゆる部分のセンスがユーザーに好まれるかどうかにかかっています。

最初はセンスに頼るよりも検索意図のロジックを組み立てながら記事構成を考えていくほうが結果が出ます。しっかりとした構成と見出しを考えながらコンテンツを作成するようにすれば、おのずと結果は出てきますよ。

コメント