Googleしごと検索が始まったので今後どうなるかを予想

前から実装されると告知されていたGoogleしごと検索が日本でも使えるようになりました。

Google しごと検索で、仕事探しをもっとスムーズに!
アルバイト、転職、キャリアアップなど、仕事探しの理由は様々ですが、条件にあった求人情報を求めて、何時間もスクリーンとにらめっこをした経験は誰しもあるでしょう。本日より、Google しごと検索 の提供を開始します。この新機能は、ウェブ上の転職・求人情報サイトや企業の採用ページ等か...

「バイト探しはIndeed」とCMしていて求人検索はIndeedがアクセス数と知名度をあげていました。今回Googleが求人ジャンルにも参入してきたことになります。

仕事探し | Indeed (インディード)
Indeed(インディード)では、あなたの次のキャリアを探すためのさまざまな求人情報をまとめて検索できます。求人検索や履歴書、企業クチコミなどのツールであなたの就職活動をサポートします。

Googleしごと検索もIndeedも企業は無料で求人情報をけいさいすることができます。Indeedに関しては有料オプションがありますので一部広告のように運用されています。

インターネットの世界ではコピーできるものは無料になるといわれています。今回は求人情報が無料に近づいたといえるでしょう。今までは企業が広告媒体にお金を払って掲載していました。それが無料になるのです。

では求人情報が無料になって特をするのは誰でしょうか。考えてみましょう。

Googleは求人情報を企業からクロールして掲載します。検索結果で求職者にとって室の高い情報が掲載されているならユーザーとしてGoogleが便利で使いやすいと信頼されもっとGoogleのサービスを使ってもらえるようになりメリットがあります。

求職者は無料で求人情報が見れることによって広告費用に惑わされない情報を得ることができます。求人媒体では高い掲載料を払うとトップページやレコメンドに掲載されています。それがなくなるのでどの企業も並列で情報を提示でき参照できることになります。

企業側は掲載費用が負担になっていた中小企業も求人情報を掲載しやすくなり新たな人材を受け入れることが可能になります。良い企業であっても求人獲得スキルがない場合はどうやって人を探したらいいのかわかりませんでした。その結果、求人媒体に高い掲載料を払うか、地道に応募者を待つかしかありませんでした。

企業側は高い掲載料で人を集めていた場合にはデメリットになり、企業体制は良いが求人に当てるリソースが少なかった会社にはメリットになります。

求人媒体は無料で求人情報が掲載できるのでネットのこと理解している企業、氏名検索されるような大手企業は撤退していくかもしれません。

求人チャンネルは多いほうがいいのでとりあえず掲載している程度の掲載料しか払わないようになるかも。もっと悪くなると求人媒体側がお金を払って有名企業に求人情報を掲載してもらうかもしれませんね。

情報スキルによって差が開き続ける

Googleしごと検索が開始されたことによって起こることは

情報収集能力やネットスキルがある企業は伸び、アナログなネットと縁がない企業は衰退する。

以上のことが今後は進んでいくと想像できます。ようするに企業間格差です。

差とは1から100まで均等になることはなく、1と100にかたより、中間はなくなります。勝ちか負けかになるのです。

始まったばかりのGoogleしごと検索です。今後の動向が楽しみです。

コメント