『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の感想。ミステリーとサスペンス要素のハラドキ映画。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』2004年の感想。ハリー・ポッターシリーズの第三作目。少し成長したハリー・ポッターとロン・ウィーズリー、ハーマイオニー・グレンジャーの冒険を描くファンタジー映画。

今作はミステリーとサスペンス要素が強く濃密な内容の映画となっています。ハリー・ポッターシリーズの魔法演出とイギリス映画の雰囲気も十分に楽しめる内容です。

アズカバンの囚人が脱獄し、その凶悪な脱獄犯に命を狙われるハリー・ポッター。タイトルからハラハラさせてくれるサスペンス要素もある映画です。前作、全前作とは違った魅力のあるハリー・ポッター映画ですね。

Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

凶悪な脱獄犯に追われるハリー

休暇中のハリー・ポッターはダーズリー家の嫌がらせに耐えられなくなり家を飛び出します。目の前に現れた「夜の騎士バス」に乗り込みダイアゴン横丁に向かい、ロン・ウィーズリーとハーマイオニー・グレンジャーと再会。

再開を祝うパブでハリーは魔法牢獄アズカバンを脱獄したシリウス・ブラックの存在を知り、命を狙われていると忠告されます。その囚人はヴォルデモートの部下であり、親友であった父を裏切ったことにより両親を死に追いやったことを告げられ怒りに震えます。

ハリーは脱獄したシリウスに命を狙われながらもホグワーツ魔法魔術学校の学校生活を過ごし、その間あるパブに透明マントを使い伸び込み、そこでハリーは脱獄犯シリウス・ブラックが自分の名付け親であることを聞いてしまい耐えられない怒りを抱きます。

アズカバンの囚人、シリウス・ブラックに命を狙われながら、ハリー自身もシリウスを探そうとします。ヴォルデモートの部下であるシリウス・ブラックに追い詰められるハリー・ポッター。ロン・ウィーズリーとハーマイオニー・グレンジャーと一緒に凶悪犯のシリウス・ブラックに立ち向かっていきます。

ミステリーとサスペンス要素が濃い

第一作から大人になったハリー・ポッター。魔法魔術学校の生活も映画の内容も少し大人になっているようです。今作の冒頭からアズカバンの囚人であるシリウス・ブラックに命を狙われる設定が知らされるため、常にどこからかハリーを狙っているのでないかとドキドキする展開となっています。

映画の中で小さなイベントはありますが、大きなストーリーとしてシリウス・ブラックとの因果関係があります。シリウスとハリーの戦いが気になり飽きさせない内容はハリー・ポッターシリーズの中でも傑作だと思います。

ハリー・ポッターのファンタジー要素である魔法や世界観も変わらず楽しめ、ミステリーとファンタジーのいいとこ取りの映画でもありますね。良い意味でハリー・ポッターの魔法映画とは離れているからこそ、見どころ満載の良い映画となっています。

ハリー・ポッターっぽくないミステリー

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』は第一作のハリー・ポッターのようなファンタジー魔法要素は少なめとなっています。今までのハリー・ポッターの雰囲気が好きな人にとっては難解な印象になってしまうかもしれません。

それというのもハリー・ポッターの秘密やヴォルデモート、シリウス・ブラックとの関係や出生の秘密などいろんな要素がてんこ盛りなため、一度観ただけでは内容が理解しにくいからです。単純なトロールを倒したりではなく、因果関係やセリフなどをしっかり聞いておかないとついていけなくなる可能性があります。

内容が濃いために需要なシーンを見逃したり聞き逃してしまうと、その後の展開が理解しづらくなるのこともあります。今作はミステリー映画だと思って集中して観ることが、前作までより人気がない理由かもしれません。

ミステリー版ハリー・ポッターとしておすすめ

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』は魔法演出よりミステリーとサスペンス要素の強い内容のため、受け入れられない人もいるようです。僕はシリーズ通してのお気に入りの作品です。

今作映画の流れとラストまでの演出、ハッピーエンドでありながら、さらなる恐怖を感じさせるエンディングは十分楽しめます。ハリー・ポッターの出生の秘密なども少しずつわかってくるところもいいですよね。

ミステリーとサスペンス要素が多めの今作は少し大人になったハリー・ポッターのように、少し大人向けの映画かもしれません。成長したハリー、ロン、ハーマイオニーは相変わらずハリーを助けながら観る人を楽しませてくれます。

ハリー・ポッター好きはもちろん、ミステリーとサスペンスが好きな人にもおすすめの映画ですよ。

Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

コメント