『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の感想。学園モノでヴォルデモートとの対決が見どころ

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』2007年。ハリー・ポッターシリーズ第5作目。魔法世界のファンタジー映画。魔法使いのハリー・ポッターが宿敵ヴォルデモートとの争いがメインストーリー。

「不死鳥の騎士団」のサブタイトルにあるように、ついてにハリー・ポッターもヴォルデモートとの対決の前に組織を作るようになる内容です。

⇒ Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

ハリー・ポッターの学園モノ

ハリー・ポッターは休暇中に従兄弟のダドリー・ダーズリーが吸魂鬼に襲われるのを魔法で助けました。魔法を使ったことがホグワーツ魔法魔術学校の退学処分になると懲戒尋問されることに。

ダンブルドア校長の助けにより退学処分をまぬがれたハリー。しかし懲戒尋問でハリーの退学を支持していた魔法省の上級次官ドローレス・アンブリッジがホグワーツの教授に就任することに。

ハリーはヴォルデモートが復活したので対策すべきだと主張するのに対し、魔法省はヴォルデモート復活を認めない。ハリーは生徒だけでヴォルデモートに対抗するためダンブルドア軍団を結成。

ヴォルデモート復活に備えたいハリーだが、魔法省とアンブリッジ教授の嫌がらせを受け続ける。ハリーはダンブルドア軍団の成長を指揮する背景では、ヴォルデモートの刺客がハリーたちの間近まで迫ることになる。

魔法省とアンブリッジ教授の学園モノ

アンブリッジ教授のイライラさせるような態度を鑑賞するハリー・ポッターシリーズにはめずらしい学園モノ。冒頭の懲戒尋問から始まり、ホグワーツ魔法魔術学校内でも終始ハリーたちの邪魔をするのが観ててイライラしてきます。

日本の学園モノならアンブリッジ教授をラストでぶっとばしスカッと観終わるのが定番ではないでしょうか。一部アンブリッジをこらしめる場面はありますが、もうひとつ味気ない気がします。

ハリーがヴォルデモート復活を声高に主張し、不死鳥の騎士団に変わるダンブルドア軍団を率いるほど成長したのは感心するところですね。精神的にも大人になってきたと感じる場面です。

「不死鳥の騎士団」の名前負け

「不死鳥の騎士団」のサブタイトルがあまりにも内容とかけ離れているような気がします。メインストーリーは魔法省とアンブリッジ教授がヴォルデモート復活を認めないといった内容。改めて考えても違う気がします。

サブタイトルから想像すると、ハリーたちが「不死鳥の騎士団」となりヴォルデモートと対決すると予想してしまいます。まさかアンブリッジがメインキャラクターだとは思いもしませんよね。

ハリー好きなら観ておくべき

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』はハリー・ポッターシリーズが好きなら観ておくべきタイトルです。ヴォルデモートの復活とこれからの戦いに向けてのプロローグ映画です。

前作での友人の死から成長したハリーを見守るのもみどころですね。魔法省の神秘部での魔法バトルは迫力がありますのでおすすめですよ。

⇒ Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

コメント