お金で困らないために、いちばん大切なことは収入と支出の管理

お金に困っている人がいちばん大切にしてほしいのが、収入と支出のバランスです。どれだけ収入を増やしても、支出を節約したとしてもプラスとマイナスの管理ができていなければ崩壊していきます。

年収が高くても家計が赤字だったり、借金がある人は管理ができていないのです。逆に年収が低くても貯蓄ができている人はお金の管理ができているといえます。ですからお金に困らないためには年収を高めるだけではなく、収入と支出の管理をしなくてはならないのです。

支出が収入を超えてはいけない

基本的なお金のルールとして収入以上に支出をしてはいけないというのがあります。あたりまえのようですが、これができていない人が多いため破産したり借金が雪だるま式に増えてしまう人が後をたたないのです。

給料明細をもらうため自分の収入がどれくらいなのかはある程度把握することができます。しかし支出に関しては日々消費したり毎月の定額料金や公共料金など項目が多岐にわたり、合計どれくらいの支出になっているか把握しづらいのです。

給料明細は毎日の仕事の成果を一ヶ月に集計して計算されているものです。日雇いや給料を毎日もらう場合であれば収入も複雑化してしまいます。ですが会社が日々の給料をまとめて計算してくれるため、一ヶ月の収入合計がわかるのです。

超えるかどうかは記録しておかないとわからない

支出に関しても同様に、日々の支出を一ヶ月に合計することで毎月の支出合計額が把握できます。月に一回計算することで自分の一ヶ月の支出をしることができます。自分は一ヶ月におおよそこれくらい支出していると思っている人でも、意外と支出が多いのです。計算しないことには正確な支出額がわからないのです。

一ヶ月の正確な支出額がわかれば、収入から支出を引いてみることでどれくらいお金が手元に残るかの数字がわかります。この数字がプラスであれば問題ありませんが、マイナスであれば家計の支出を考え直さなくてはいけません。

どんぶり勘定では間違ってしまう

お金は大切なのはわかっているけど、家計のやりくりについて教えてくれる機会はそんなにはありません。両親から教えてもらうか自己流で学んでいくのが一般的です。

もし教えて貰う機会や自分で学ぼうとしなければお金に関しての知識が増えることはありません。お金の基本的なルールが理解できなければ、一生懸命働いていても一向に生活が豊かにならないばかりか、借金が増えていく結果になりかねません。

お金のリテラシーは基本的なことで十分です。しかしそれさえも学ぶ機会は少なく、教えてくれる人も少ないのが現状です。お金はとても大切なものなのにだれも教えてくれません。教えてくれる人がいなければ自分で学ぶしかないのです。

収入より支出を増やさなければお金に困ることはない

お金に困らないためには複雑な金融知識は必要ありません。基本的な算数さえできればだれでも覚えられます。その方程式を下記に記しておきます。

収入>支出

結局のところ働いている人であれば毎月の給料、収入以上に支出しなければお金に困ることはないのです。毎月黒字でなくても年間を通してマイナスでなければ問題ありません。大きな出費がある月は赤字になってしまうこともありますからね。

毎月毎年、収入と支出を計算していけば年間の収支がわかります。その結果をみて改善していくようにすればいいのです。それには家計簿といった支出を管理することをする必要があります。

毎月どれくらい支出があって、毎年どれくらいの支出があるか。これを把握することがお金に困らないようにする第一歩です。支出額がわからないことには節約や貯蓄を考えてもうまくいきません。

お金の知識は教えてくれることは少ないのです。ですから自分でしっかりと学んでいけば難しいことはありません。今からでも遅くないので、お金の知識をみにつけるようにしましょう。そうすればお金に困ることが少なくなることは間違いありません。

コメント