『記憶にございません!』の感想。政治より2時間しっかり楽しめるホームドラマ。

記憶にございません!

『記憶にございません!』2019年制作。三谷幸喜監督作品。総理大臣を主人公にしたコメディホームドラマ。記憶をなくした中井貴一演じる総理大臣、黒田啓介が秘書官のディーン・フジオカ演じる伊坂、小池栄子演じる番場と奮闘する映画です。

三谷幸喜作品は笑いあり感動ありと、見やすくライトな雰囲気でありながら深いヒューマンドラマが人気です。今作も政治や総理大臣を題材としながらも簡潔にわかりやすい内容となっていて、三谷幸喜ファンならずとも楽しめます。

⇒ Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

記憶があるのか、ないのかストーリー

黒田が目を覚ましたのは都内の病院。自分が何者か?誰なのか?わからないままさまよいます。やがて自分は記憶を失ったた黒田総理大臣だと気が付き、国民から嫌われ者の総理大臣だと知り困惑する。

秘書官の伊坂と番場は周囲に黒田総理が記憶喪失だとバレないよう振る舞うよう提案。黒田は記憶がないことに不安を覚えながらも承諾し、総理大臣の職務を遂行する。記憶があった頃の黒田総理の話に合わせながらも、記憶のない黒田は自分の行動に後悔する毎日を送ります。

記憶のない黒田は総理の職務と父親としての生活から生まれ変わった自分を形成していく。次第に周囲の理解を得ながら総理として、父親として成長していく黒田。

そして予定されていたアメリカ合衆国大統領との日米首脳会談の日が近づく。黒田は重要な決断を迫られる。昔の黒田総理の行動に困惑しながらも、生まれ変わった黒田として意見することを選択する。

三谷幸喜のホームドラマ

政治や総理を題材としながらも、やっぱり三谷幸喜のホームドラマとして成立しています。国会や総理として描写やディテールが甘いと言われますが、単純なヒューマンドラマの舞台が総理になっただけなので気にする点ではありません。

「記憶にございません」の議員発言を揶揄する目的で制作が始まったのだと推測されます。その一言からここまでのホームドラマ映画として成立させるの三谷幸喜監督ならではのことですね。タイトルと冒頭数分でニヤニヤ笑いがこみ上げてきます。

劇中にちりばめられた笑いのネタと定番ながら涙するドラマチックな展開は、安心して注文できる定番メニューのようなもの。刺激的な表現に麻痺している自分を恥じてしまうほど、「これでいいんだよ」と思わせる割り切った映画です。

改めて思い出しても欠点がない

政治や総理、秘書官、ありえないアメリカ合衆国大統領などツッコミどころは多々あります。しかし映画なんだからおもしろければいいじゃない?と言わんばかりの内容。コントかよと笑ってしまうアメリカ合衆国大統領はいませんが、それでいいんです。

『記憶にございません!』は舞台演劇のような雰囲気で楽しめる映画です。細かい内容に難癖つけるのも楽しみの一つかもしれませんが、それも受け入れて楽しめるのが三谷幸喜作品の良いところです。

観終わったあとは印象的な部分はありません。しかし胸が熱くなるラストに向けての展開や生まれ変わった黒田の行動は思い出しても涙がこみ上げてきます。要するに劇を観ている2時間だけ楽しめればいいんだよと割り切った内容。そしてそこが良いと断言できる映画です。

定番であり安心して観られます

『記憶にございません!』はSNSで話題になったり語り継がれるオチがあったりする作品ではありません。刺激的な内容ばかり追い求めてもやがて麻痺し、それ以上の歌劇的な内容を求めてしまいます。しかし映画ってそうではないんだよ、まあまあ楽しめれば良いんだよと思わせてくれます。

興行収入やランキングから作品を追い求めたり、オチやネタバレを探求してみたり。テーマや社会性が隠されている高層な内容だったり。そんなどうでもいいネタのインフレに疲れている人におすすめできる、安心のホームドラマが『記憶にございません!』です。

『記憶にございません!』ひとりで観るよりカップルや夫婦で週末に視聴すると楽しめると思います。どちらかといえば政治に興味がない人が観るとあら捜しをしないので、そんな人におすすめの映画ですよ。

⇒ Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

コメント