『ジョーカー』(映画)の感想。ある男の悲劇、喜劇のサスペンスドラマ。誰でもジョーカーになりえる。

ジョーカー(ホアキン・フェニックス )

『ジョーカー』(映画)2019年制作のサスペンスドラマ。バットマンシリーズの悪役であるジョーカー誕生をオリジナルストーリで描いています。

バットマンシリーズのスピンオフ作品と思って映画を観ると「ちょっと違う」と感じるかもしれません。ゴッサムシティやウェインなどバットマンで登場する名前があるので、関係してくるといえばそうですが視聴するにはあまり関係ないと思ったほうがより楽しめます。

⇒ Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

ジョーカーとなった男の喜劇

ゴッサムシティでコメディアンとして生活している男アーサー・フレックが自分の人生を喜劇と称し、ジョーカーとして変貌していく内容です。全体を通してのあらすじが全てですので詳細は視聴して楽しんでください。

魅力的な悪役が登場する映画はおもしろくなります。その恐怖と狂気の悪役ジョーカーは適役でありながらバットマン以上に魅力的な存在として知られています。ジョーカーがいなければあれほどバットマンが人気になっていたかというと疑問すら感じます。

その狂気の犯罪者ジョーカーが誕生したお話が『ジョーカー』です。今作の中でもアーサー・フレック、のちのジョーカーは狂気の男であり犯罪者です。しかし映画の主人公として魅力的な存在になっているのは間違いありません。

自分がジョーカーになる可能性も

もし自分がアーサー・フレックと同じ立場であったなら「ジョーカー」になる可能性、なっているかもしれない。心の不安と疑問が沸き起こります。自分がジョーカーにならなかったのは偶然でしかなく、一歩間違えばジョーカーに近い存在になっていたかもしれません。

「正義の反対はまた別の正義」はネット上の名言です。その言葉にあてはまるのが今作ジョーカーの存在な気がします。アーサー・フレックは自分を、そして母親を信じ正義を生きてきた。しかしそれは反対側から見れば悪であり、改めて自分の人生を傍観すると喜劇だった。悪は正義から見た幻影なのかもしれません。

ジョーカーは狂気の男で犯罪者。しかし観ている者も一歩間違えばジョーカーになっていたかもしれない。自分にも足を踏み外す可能性があった。そんな共感できる部分があるからジョーカーは観るものの心を魅了します。

自分はバットマンよりジョーカーになる可能性があった。そう思わせるのがこの映画。ジョーカーは自分を投影している存在、心の奥に秘められた表に出てはいけない狂気を表し、まるで隠している自分を見ているかのよう錯覚します。

バットマンのスピンオフ作品と思わないで

クリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズのジョーカーとは少し毛色が違います。ゴッサムシティや登場人物にバットマンダークナイトを思い出させる演出があります。しかし今作のジョーカーがダークナイトのジョーカーまで変貌するとは思えません。

作中でも過剰なバットマン演出があり、微妙だなと思いながら視聴していました。あとは映像が監督などのスタッフが違うだけでこんな差になるんだと驚きました。クリストファー・ノーラン作品とは異なる映像手法にやはりバットマンのスピンオフとは言えないと思いましたね。

バットマンシリーズを観ていなくても

『ジョーカー』(映画)はバットマンシリーズを知らなくても十分楽しめます。舞台背景もバットマンを観ていなくてもわかりますし、ほとんど相互に関係する登場人物もいません。ゴッサムシティという街がバットマンと同じ舞台になっているところだけですかね。

アーサー・フレックの人生ドラマがメインテーマ。そして誰でもジョーカーになる可能性があり、それを示唆しているのがこの映画の怖いところです。

サスペンスドラマとして『ジョーカー』はおすすめ映画です。自分の中のジョーカーが気になる人にはとくにおすすめしておきますね。

⇒ Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

コメント