アフィリエイトで稼げるのか知りたい人へ

アフィリエイトで実際に稼げるか知りたいと思いませんか。実際に稼げるのかは本当に稼いでいる人しかわかりません。

稼げていないけど稼げる風を装って情報商材に誘導したりして儲けています。そもそも稼げている人はわざわざその手法を公開するわけはありませんので、稼げていますと方法を公開している人は嘘か膨張であることがほとんどだと思います。

まれに稼いでいるし自慢したいがために稼げているといっている人はいると思います。でもそれがいつまでも稼げる方法かはわかりません。インターネットの世界は変動が早いので去年稼げた方法が今は稼げなくなったといったことはよく起こるからです。

2017年の健康アップデートでサイトが飛んだという話はよく聞きます。ブラックSEOをしていてサテライトからリンクを貼りまくっていたサイトが飛んだようです。

ということは健康アップデート前までは外部リンクを貼りまくっておけば検索順位が上がって稼げていたということです。これはびっくりしました。こんな文章は小学生並みか。

本題に戻りアフィリエイトで稼げるのかというと、稼げている人はいるということです。アフィリエイト会社が存続していますし、ネット広告費は年々増加しているようです。そのなかで稼げている人はまったくいないはずはないのです。

稼げている人、もしくは稼げている人が法人化しているかもしれません。そういう意味では稼げているサイトは存在するのです。それを僕たちが認識しているか否かということですね。

もっと極端に言うとアフィリエイトはアマゾンだと思ってそう間違いではないと思っています。ネットを使って物販しているのでアフィリエイトですよね。アフィリエイトサイトもネットを使ってものを売るわけですから同じようなものです。

物を売るに対してそれを仲介するということです。在庫を持って販売するか仲介するかの違いです。アマゾンは年々売上と取扱高が上がっているので儲かっているのでしょう。

ですからアフィリエイトの最高峰はアマゾンかもしれません。ですから僕たちもアフィリエイトと難しく考えずにアマゾンの物をサイトやブログを通して販売する気持ちでいくといいかもしれません。

お店に例えるとお店に来てもらった人に紹介して買ってもらうのです。はたしてお店の前の何人通って、何人が来店して、何人が興味を持って、何人が買うのでしょう。実際はそうとうな数の人が店の前を通らないと買ってくれないと予想できますよね。

アフィリエイトも同じようなものです。何人が検索して、何人がサイトに訪れて、何人が興味を持って、何人が最終的に買ってくれるのか。そんな統計的に考えればアフィリエイトは稼げるのかどうかがわかってくると思います。

コメント