『今日から俺は!!劇場版』の感想。あいつらが帰ってきた!終始笑えるヤンキーコメディの傑作。

今日から俺は!!劇場版

『今日から俺は!!劇場版』2020年制作。漫画原作でテレビドラマ化されついには映画になった超人気シリーズです。学生モノのヤンキーアクションコメディ。特にコメディ部分が強調されている作品ですね。

テレビドラマで人気の映画なので大ヒット間違いなしの今作品。期待以上の笑いとアクションで観客を魅了します。漫画からのファン、テレビでファンになった人、「今日から俺は!!」に興味がある人、さまざまな人におすすめできる映画です。

三橋貴志役の賀来賢人、伊藤真司役の伊藤健太郎が極悪高校の番長柳鋭次(柳楽優弥)、大嶽重弘(栄信)と繰り広げる高校間の逃走をお笑いとアクションで描いています。

⇒ Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

定番のお笑い要素が高め

テレビドラマを視聴しているなら当然知っているお決まりのネタが終始登場。静かな劇場で笑いを抑えるのに必死になります。キャラクターが登場してきただけでニヤニヤしてしまい、さらに予想外の行動に笑いがこみ上げてきます。

三橋のふざけた行動や、伊藤と京子さんのラブラブ漫才からの明美さんのツッコミ、今井谷川コンビのやり取り。当然椋木先生と反町先生の寒いやり取りも健在です。

劇場版では今井谷川コンビの切れがよく、ニヤニヤが止まりません。お笑い部分だけでなく体を張った演技にも感動させられ、最後まで目が話せない存在でしたね。それをサポートする谷川がいてからこそなのは言うまでもありません。

アクションシーンがハラハラさせる

ツッパリたちのアクションシーンが劇場版ならではで作り込まれているのがよくわかります。シーンや演出も凝っていて観てて心配になるほど過激なアクションシーンが繰り広げられます。

三橋、伊藤も極悪卑怯な相手に派手なアクションで攻め立てます。やられる場面もあり心底心配になってしまうのは映像の迫力があるからこそです。

三橋、伊藤の活躍場面が少ない

劇場版の脚本が三橋と伊藤の通う軟葉高校を部外者としているため、どうしても対立に絡みにくい構図になってしまっています。ですので視聴者が観たい三橋の卑怯な戦いっぷりと、伊藤の正義感に燃えたアクションが少ないのが残念です。

今作の悪役が三橋と伊藤に直接絡む理由が少なく、横やりに参加させられている感があります。そのため視聴者として三橋と伊藤を巻き込んだ全面戦争を期待していると落胆させられます。三橋と伊藤が絡みにくい全面戦争であるため、映画ならではのスケール感がないのも残念ですね。

テレビドラマを視聴していないとキャラクターの立ち位置もわからないため、ファン映画であることは否めません。そのためテレビドラマの延長上で観れば楽しめる反面、新規だと笑いのツボも理解できず映画の魅力が伝わりにくいかもしれません。

テレビドラマファンなら必見の映画

2020年の大ヒット映画『今日から俺は!!劇場版』はテレビドラマを視聴していたファンなら必見。三橋、伊藤、京子さん、今井谷川たちが帰ってきたと聞くだけでファンなら涙してしまいますよね。

ただテレビドラマを視聴していない人には十分楽しめない映画かもしれません。逆に考えればテレビドラマを視聴すれば2020年の大ヒット映画を100%楽しめるのですよ。これはすごいことです。

『今日から俺は!!劇場版』テレビドラマを視聴している人は必見。そしてテレビドラマを観ていない人はある程度キャラクターを知ってから観ると最高におもしろい映画ですよ。

⇒ Amazonプライム・ビデオなら500円/月でテレビや外出先のスマホで楽しめる。

コメント