マグネット式スマホ充電ケーブルをかってみた感想

スマホの充電端子が弱くなってきたのでマグネット式の充電ケーブルを買ってみました。iPhoneではなくてアンドロイドです。端末はキンドルファイアです。

スマホの充電端子は意外としっかりしていて普通に使っていればそんなに損傷するものではありません。でもタブレットは端末自体が重いので充電ケーブルを指したままでの運用が端子部分にダメージを与えやすいんですね。

子供が使っていたこともあってだんだん充電しにくくなってきてついには使えなくなりました。そんな理由からマグネット式の充電ケーブルを買ってみました。ただそのタブレットは結局充電ケーブルで充電できなくなったのでタブレットの話は終わりです。

ここからはマグネット式充電ケーブルの話です。

充電端子部分が小さくなっていてマグネットが付いています。ケーブルにもマグネットが付いているので近づけると磁石で反応してくっついて充電ができるというアイテムです。

充電しながらスマホをいじっていても端子接続部分に負荷がかからずマグネットでくっついている部分が外れるだけで安心です。逆に考えると充電しながらスマホをいじると外れやすくなっています。

このマグネット式充電ケーブルのデメリットは便利にする点がそのままデメリットになっている部分です。第一に端子部分の小さな部品がなくしやすいです。

Airpadと同じようにケーブルで繋がっていない小さな部品ですので落としてしまったらまず見つかりません。小指の爪より小さな部品ですので子供が口に入れてしまう可能性など小ささがデメリットになっています。

しかもスマホに挿しておくとある程度出っ張ってしまうので見た目的にもよくないです。外に持ち歩いたりカバンに入れておいたりすると外れてなくしてしまう可能性もあります。はっきりいってハードに扱うスマホには付けられないアイテムだと思います。

マグネット式充電ケーブルを使うとそれ以外のケーブルでは充電できません。今ではケーブルが余っていたり会社の机や車の中、部屋のいたるところで充電できる環境があります。でもそのケーブルがマグネット式であればそのケーブルでしか充電できないのです。

専用の端末部品を外してしまえば汎用ケーブルで充電できますが、それではマグネット式を使っている意味がありません。さらにその小さな部品もなくしてしまう可能性もあります。結局便利になるためのケーブルが面倒なことが増えているだけになってしまっています。

タブレットにマグネット式ケーブルは良い

上に書いたマグネット式ケーブルのデメリットを腐食する使い方がタブレット端末に使うことです。とくに家の中だけで使うタブレットには便利なるアイテムだと思っています。

そんなこともあってマグネット式の充電ケーブルは他のタブレット端末に指して使っていますよ。

コメント