SEOにおけるメタディスクリプションの重要性

メタディスクリプションは重要です。こう書くと初心者にとって何が大切なのかわかりません。順を追って説明していきますね。

メタディスクリプションとは記事の説明文のこと。英語では「description=説明」となりメタディスクリプションはサイトの概要欄のことなのがわかります。

タグで打つ混む場合はhead内に記載します。ここではタグの書き方の説明はしませんのでご了承ください。

メタディスクリプションが重要なわけ

ブログ記事がクリックされるかは検索結果のタイトルと説明欄次第です。タイトルが魅力的なのと、説明欄が自分の求めいている内容かによってクリック率が変わってきます。

タイトルがいちばん重要なのは当然です。それと同時にメタディスクリプションである説明欄も同様に重要なのです。

WordPressのメタディスクリプション欄に記入しても検索結果の説明欄に反映されるかはアルゴリズム次第です。かならずメタディスクリプション欄の文章が採用されることはなく、使われたらラッキーくらいに考えておくといいでしょう。

メタディスクリプションの説明文が記事の内容をしっかりと伝え、この記事を読むメリットを伝えていればクリック率は上がります。ですので記事の導入部と同じくらいに重要と考えていいのです。

Googleのアルゴリズムによって思わぬ部分を抜粋されクリック率が下がったとしたら目も当てられません。メタディスクリプションタグはGoogleも推奨していますので、記事ない文章と同じ様になったとしてもしっかりと記載しておく必要があります。

メタディスクリプションは記事そのもの

メタディスクリプション欄の内容は検索結果に掲載される記事そのものといっていいでしょう。サイト内の記事が本文であれば、メタディスクリプションの文章は検索結果に表示される記事だといえます。

初心者ブログによくあるあいさつ文や意味のない部分が抜粋され掲載されたら専門的な内容ではなく、個人ブログの低品質の記事だと思われます。それよりも記事内容、想定読者、記事を読むことによってのメリットをしっかりと書き込むことが大切なのです。

タイトル文とメタディスクリプション欄は重要なので時間をかけて考えるのと、検索順位を見ながら修正していくことがアクセスアップに貢献するのです。

コメント