お金のことを考えていくと時間の使い方にたどり着く。お金とは時間です。

時間はお金ほど大切

お金の専門家としてお金のことを考えていくと時間の使い方にたどり着きます。お金とは人生の時間と交換できるということかもしれません。昔からの格言である「時は金なり」「タイム・イズ・マネー」が心理と言えるでしょう。

時給換算とは自分の時間をお金に替えること。まさしく時間を切り売りしているのです。時給であれば長い時間働けばお金がたくさんもらえます。しかし自分の時間が少なくなっていきます。

一日24時間しかないのは万国共通です。お金持ちであっても、貧乏であっても24時間が増えることもなければ、減ることもありません。自分の時間の使い方がお金と収入につながるのです。

24時間365日を上手に使っていける人は、お金に困ることもありません。しかし毎日なんの目的もなくダラダラ過ごしているだけでは長い目で見て困ることが多くなるかもしれません。

毎日を無駄に過ごすことが悪いとはいいません。それが自分にとって有意義な時間の使い方であれば、それは充実した過ごし方だからです。問題はお金に困っていてなんとかしたいのに、なにもせず時間ばかりが過ぎていくことなのです。

リラックスする時間も大切ですが、しっかりとした時間の使い他はもっと大切です。お金持ちにも貧乏人にも共通に与えられているのが人生の時間です。有意義に使うことを意識するようにすれば、もっとお金の心配をしなくてもすむようになります。

お金持ちと貧乏人は時間の感覚が違います。

裕福な人は時間をお金で買っています。貧乏は人は時間を無駄にしています。ちょっとした時間に対する意識の違いが、長い人生での大きな違いになっていくのです。

お金持ちは時間を節約するためにお金を使います。貧乏人はお金を節約するために時間を無駄にします。お金と時間の交換式は単純ではありませんが、お金と時間の効率が瞬時に判断できるのがお金持ちになる秘訣でもあります。

あるときは時間を節約し、またあるときはお金を節約する。このお金と時間の使いたががうまくなれば収入や人生の効率化に貢献します。お金も時間も、ただ何も考えず無駄に使ってしまえば将来設計で困ることになるでしょう。

時間を節約することこそお金持ちになる秘訣

お金持ちは時間の使い方がうまい。貧乏人は時間を無駄に過ごす。小さな考え方の違いが大きな違いになってきます。結論としてお金持ちは自分の時間を大切に使います。

毎日テレビをダラダラ見ていたり、ネットやYouTubeを意味もなく見続けたりしていませんか。息抜きやリラックスするための時間であれば有意義な時間の使い方なので問題ありません。一番問題なのは、お金に困っていたりなにか目的があるのに、無駄な時間を過ごしていないかです。

お金に困っているなら、時間を節約すること、効率の良い時間の使い方を意識するようにしましょう。そして時間はお金に換算できると意識しすれば、もう少しお金が貯まるようになります。

お金持ちになるにはお金の使い方を学ぶことも大切ですが、時間の使い方も学ぶ必要があるのです。今からでも遅くありません。充実した時間の使い方を意識するようにしましょう。

コメント