お金は道具であるから使い方によっていろんな効果があるのです

お金は道具です

道具は使う人によってとても便利なものや人を殺める凶器にもなります。道具と聞くと刃物などの個体を表す気がします。たしかに昔から道具といえば狩猟に使ったり、食材を調理したりするものから派生していますよね。

現代社会において道具といえばものだけではなく、お金も重要な道具になっています。お金が道具ということは、使う人によって便利なものとなったり、凶器にもなりうるのです。

お金は人によっては汚いもの、悪いもの、なにかあまり良くない印象があります。悪人や犯罪者にお金がつきものなので、お金は悪い人が持つものと思われているからかもしれません。逆に善人はお金がなくても義理人情を大切にすることのようなイメージもあります。

しかしお金が悪いものといったイメージはお金を道具として悪いことに使うからです。お金を道具としてイメージし、人の役に立つことに使えばたくさんの人を救うことができます。お金は持つ人、使う人によって大きくイメージが異なる道具なのです。

お金の魔力によって良い使い方ができるひとが少ない

お金自体に便利さや貴重さはないけれど、重要とされているのが人の判断力を狂わせる原因です。お金に万能性はなく、お金自体には貯蓄と交換機能しかありません。お金があれば飢えがしのげるわけでもなく、雨風が防げるわけでもありません。

たしかにお金があれば今の世の中ではたいがいのことができます。食料を調達することも住居を確保することも、お金があれば可能となります。しかし衣食住を確保するためにお金とものを交換しているにすぎません。もし極限の雪山で遭難し、お金と小さなカイロのどちらかを選べるとしたら誰でも小さなカイロを選ぶでしょう。お金というのはその程度の道具なのです。

お金は万能ではなく、自分とものをつなぐ架け橋でしかありません。つまりものを調達するための道具でしかないのです。お金はたんなる道具である。そのことをしっかりと頭に留めておく必要があります。

お金は単純な道具であるからこそ使い方が多種多様であり、奥深くもあります。単純なものであればあるほど、人によって使い方は様々になります。機能が多く目的が限られている道具であれば、その目的以外に使うことは難しい。

お金自体には多くの機能が備えられているわけではなく、実際にはただの紙切れと金属の塊です。単純なものであるからこそ、用途が多様になり奥深い道具となっています。人を助けることも、人を殺めることも可能になるのがお金という道具なのです。

お金は単なる道具にすぎません。持つ人によって、使う人によって、効果が違ってくるのです。お金の使い方を学ぶのは大切な勉強です。お金の魔力に負けないようお金という名の道具を使いこなせるようにしましょう。

コメント