個人ブログが大手サイトに勝つ方法

大手サイトが大量に記事を投入して個人ブログがオワコンとイケハヤさんがいっていますよね。実際にオワコンなのでしょうか。ちょっと考えてみればわかることです。ここでは個人ブログが大手サイトに勝つ方法を考えてみましょう。

PVは大手サイトには勝てない

基本的に記事を大量投入の大手サイトには個人ブログがPVで勝つことはできません。記事数、記事の質、ドメインパワーなどいくら考えても勝つ方法は思いつきません。

大手サイト以上に記事を投入したり、コンテンツのクオリティをあげたりすれば可能かもしれません。それはそれで資金という体力勝負になってしまいます。札束での殴り合いなら大手に勝つことは到底不可能です。

PVでは大手サイトに勝てない。これを認識しておけば新しい勝負方法で挑戦することが可能です。

大手サイトは試合に勝って勝負に負ける

大手サイトの弱点はマネタイズです。100万PV程度では飯のタネになりません。数百万PVが最低条件でそこからどうやって稼いでいかなくてはならないかが悩みどころなのです。

たとえばアドセンスのRPMで計算すると100万PVだと30万円程度の収入にしかなりません。この程度のPVサイトの収益では人一人雇うことはできません。収益を得るより広告宣伝費で支出しなくてはならないレベルですね。

もっと考えて300万PVだったら90万円程度。その他広告掲載費などのマネタイズを考えて数百万円になります。その程度でやっと一人か二人雇える程度です。これでは企業としてやっていけません。

ネットの広告収益で大手はやっていけない

こうして計算してみるとネットのPVからの広告収益では大手企業はやっていけないのです。中規模の会社であればマネタイズさえしっかりしていれば継続して運営していくことができます。

ネットはトヨタ自動車のような企業が広告塔として運営してくのであれば可能です。でもトヨタが広告収入を目指して運営してくのはムダでしかありません。そんなことより本業に注力したほうが儲かりますからね。

大手が意気込んでガシガシ記事を投入してもあまりの収益率の悪さから更新が滞っているサイトをよくみかけます。思ったより収益が上がらないし面倒だからほったらかしになっているのでしょう。とうぜんですよね。100万PVで30万円程度なのですから。

今後のWebはどうなっていくのか?

2019年から今後のWebの状況を考えると僕は個人と個人事業レベルの時代と予想しています。大手は広告塔としてサイトを運営していくでしょうが、そんなに注力しなくなると思っています。それよりも広告費をかけて宣伝したほうが手間が省けますからね。

一番可能性があるのが個人事業レベルでやっている少数精鋭のWeb会社でしょう。大きく稼ぐ必要もなく、小回りも効くし新規アイデアも抱負です。大企業のように稼ぐことはできませんが、少人数が儲かる程度には十分可能です。

さらにその隙間を狙って個人の副業サイトが主力になっていくと思っています。専門的な知識を持った個人が発信する情報は検索ユーザーにとっても貴重です。本業があるので小遣い程度稼げばいいのであれば運営にも問題ありません。

Googleにとっても個人の専門性の高いサイトをまとめ上げるほうが理にかなっていると思います。大手サイトのバイアスがかかった記事をインデックスするより、個人の専門的な記事のほうが有効なのは間違いありません。

個人ブログの方向性はどうすればいいのか?

これからブログを運営してく人は専門性の高いサイトで小遣い程度の収益を目指す方針が最善だと思っています。サラリーマンや本業をしながら趣味や専門の情報を提供しアドセンスやアフィリエイトで小遣い程度稼げればいいといった考え方。今後はこういった人が増えていくと思っています。

サイトで稼いで法人にするのはリスクが高いです。個人ブランドでアクセスを集めているなら可能かもしれません。でも検索経由やツイッター経由なら明日にでもアクセスがなくなる可能性もあります。そんな浮き沈みの激しい状態で脱サラして法人化するのは無謀としか思えません。

ブログである程度稼げるようになってきたら退職して法人化するのではなく、ゆるい仕事や簡単な会社に転職してブログ副業を続けるほうが確実だと思います。給料は安くても簡単な仕事であれば、定時で帰れるのでブログに当てられる時間も増えますしね。

といった感じで、個人ブログは専門性の高いサイトが生き残っていくだろうなぁという話です。

コメント