最強のSEOはユーザーのためにある

ブログを運営していてアクセス数があがらないと悩んでしまいますよね。いくら記事を投稿してもコンテンツを充実させても思い通りのアクセス数になりません。

ネットで調べてみるとSEOを、検索エンジン最適化をすればアクセス数がうなぎのぼりになるといった情報を目にします。そこでブログ運営者はSEOを意識し記事を投稿するのです。

SEOの魔力に乗っ取られると検索エンジンの期限ばかりうかがってしまい、ユーザーのことは置いてきぼりに。SEOばかりに気を取られている運営者は最終的にコアアルゴリズムのアップデートでアクセス数が激減して退場すことになります。

ここではSEOを意識してばかりではなく、真のお客様であるユーザーを意識しましょうと行った内容です。

SEOは検索エンジンの方を向いている

検索エンジン最適化をすればたしかにアクセス数はあがります。でもSEOばかり意識していてはアップデートでやられてしまいます。アップデートでブログが飛んでしまうのは検索エンジンの方ばかり向いていたからです。

検索エンジンはSEOを意識せず、ユーザーの利便性を重視しなさいと提言しています。検索してブログを訪れた人を満足させるコンテンツを提供する。これがアクセス数を増やす最適な方法だと指摘しています。

コンテンツはユーザーのためにある

コンテンツは検索エンジンが求めているものではありません。検索エンジンはあくまでユーザーとコンテンツの橋渡し役です。ユーザーが直接コンテンツを見つけられれば検索エンジンは必要とされません。

ですが膨大な情報からユーザーが望むコンテンツを探し当てるのは非常に難しいのです。ユーザーがコンテンツを探し出す手伝いをするのが検索エンジンの役割です。

コンテンツを、ブログ記事を提供している人は検索エンジンに向けて書くのではなく、ユーザーに向けて書くよう意識してください。ユーザーのことを一番考えているブログが一番アクセス数を稼ぐのです。

ユーザー目線最適化をしよう

ブログ運営者は検索エンジン最適化ではなく、ユーザー目線最適化を目標としましょう。SEOのことは忘れてとことんユーザーの望むコンテンツを提供する。その一点に集中するのです。

記事の作成に一段落したらSEOのことを思い出す。それくらいが最適な気がします。

毎日毎日、ユーザーのためにコンテンツを作成する運営者と、日々SEOのことを考えている運営者ではどちらがアクセス数を増やすことができるでしょうか。

ブログのアクセス数が増えない、伸び悩んでいると考えている運営者の人は、初心に立ち返りユーザー目線の記事やコンテンツを提供するようにしてください。ユーザーのことを考えればアクセスは後からついてきます。

コメント