SEO的なパーマリンクの決め方とは

パーマリンクとは固定リンクとも呼ばれている文字列のことですね。パソコンだとアドレスバーに表示されている英語や日本語の文字列のことです。

この記事はSEO的におすすめパーマリンクをご紹介します。WordPressでもどんなURLがいいのか悩んでしまいますよね。パーマリンクの基本的な考え方も含めて書いていますので参考にしてください。

一番最適なのは意味のある文字列

GoogleはユーザーのためにURLをなくしたいと考えています。どうやってなくすのか想像できませんが、とにかく簡単にアクセスできるようにしたいそうです。ただ現実は難しそうです。

固定リンクのパーマリンクはしばらくは継続しそうな技術です。基本的には英語の文字列を記事別に割り振ってアクセスと表示させています。ひとつの記事にひとつのパーマリンクがあるのです。

SEOに最適なパーマリンクはキーワードを含んだ意味のある文字列です。これはGoogleも推奨しています。

ランダムな文字列や日付、自動で割り振られたURLでもSEOが効いて検索順位があがることはあります。しかしランダムと意味のある文字列では記事の品質が同じであれば意味があるパーマリンクのほうが有利なのは間違いありません。

パーマリンクは短く

パーマリンクに意味のある文を入れようとして長くなってしまっては逆効果です。その記事のキーワードを盛り込んだ厳選した文字列を決めてください。そしてできる限りシンプルに短く設定することが最善策です。

ビッグキーワード1語でもいいですが、今ではビッグキーワードで上位表示は難しくなっています。ここは弱者の戦略で2語や3語から攻めていくと攻略しやすくなります。

パーマリンクにはキーワードを含んでできるだけ短くするのがSEOに有利に働きます。

日本語URLはやめたほうがいい

プログラムは英語ですよね。シェアが高いワードプレスやブログも英語のプログラムで動いています。ネットの世界は英語が主流です。

そういった意味からもパーマリンク、URLは英語にしておいたほうが無難です。日本語で表示されているのもありますので日本語でもいいかもしれません。

僕の見解としては日本語にせず、英語でパーマリンク設定をしておくほうが長い目でみて使いやすいと思っています。

パーマリンクは変更ができない

タイトルや記事内容は変更が可能です。でもパーマリンクは一度決めたら変更ができません。もし変更したら今までの検索エンジンのインデックスや外部リンクなど様々な経歴がなくなってしまいます。

せっかく順位が付き始めたのにパーマリンクを変更したことによってコピーコンテンツと判断されたり、一気に圏外に飛ばされたりします。

どうしてもパーマリンク設定を変更したいならリダイレクトで飛ばしながら時間をかけて慎重に変更すれば影響が少なくてすみます。パーマリンク変更は数ヶ月単位で変えていくように考えておくといいでしょう。

パーマリンクは大切

SEOにおいてパーマリンクとURLは非常に大切な要素です。決めてしまえば考えることはありませんが、一度決めてしまうと後から変更するのが非常に難しくなります。

ネットの話題でも最初に変なパーマリンク設定をしてしまったから今でもそれを引津っているようなことも聞きます。

ブログやサイトを始めるにあたってパーマリンクとURLは時間をかけて考えたほうがいいですよ。

コメント