SEOよりSNSとネットを使って個人のコンテンツを発信していく時代

キーワードを抽出しながらSEOを駆使していく時代は終わったんじゃないかなぁと思います。2020年から、そうは言わずともSNSが主流となってきている今後はGoogle検索だけではなく、各種SNSでコンテンツを発信してく時代となっていくと思います。

そのまた昔はGoogle検索が主流でした。SNSはなく、あってもミクシーくらいでしょうか。そんな中、ググればなんでも調べられるようになりました。Google検索はおおざっぱに解釈すれば「Google検索SNS」といえると思います。

ツイッターやインスタグラムでたとえると個人のアカウントがGoogle検索のドメインに該当します。今までは「Google検索」のSNSでインターネットを語ることができました。長文や文献は今でもGoogle検索が優位であり、ドメイン単位でコンテンツを管理していく必要があります。

しかし個人のコンテンツであればこれからはSNSが主な活動範囲となっていくことは間違いありません。主にはYouTube、インスタグラム、ツイッター、フェイスブックとなるでしょう。それらのドメインの中で活動し、横展開しながら発信することが大切となってきます。その中にインターネットドメインを取得してGoogle検索に参加する必要は少なくなってきています。

SEOは個人では難しくなってきている

工業製品やサービスは大規模大量生産の薄利多売か、少量ロットの高額販売かに二分されます。インターネットの世界も大企業が大量に高品質なコンテンツを発信する時代となっています。その高品質な大量記事に個人が対抗する術はありません。

資金の力を利用してコンテンツを作成するため、個人が対抗するのは不可能です。この理屈は大手出版社が出版する雑誌に個人で雑誌を作ったところで太刀打ちできることがないことが明白なことからわかります。

個人が大手に勝つためには個人をプッシュしたコンテンツが必要となってきます。個人のオリジナリティとバイタリティを発揮していけば魅力的なコンテンツが仕上がっていくでしょう。

このことから、個人がネットで活動していくには個人をアピールする必要があるのです。大手企業が参入しないような、することがためらわれるようなジャンルを狙っていく必要があります。個人がどんなに優れたコンテンツをキーワードで攻めたとしても、大量に投入されるコンテンツには太刀打ちできないのです。

Google検索は薄まったコンテンツに悩むことになる

これからはGoogle検索はつまらないコンテンツになっていくと予想されます。それはたった一つのキーワードの競争に勝つためには大量な資金を利用した企業のコンテンツが必須となっていくため、個人の尖ったコンテンツは必要とされないからです。

個人のコンテンツはロングテールのように一部の人には受け入れられますが、大衆的には受け入れられません。Google検索はキーワードが限られるため、大衆的に受け入れられるコンテンツを重視する傾向にあります。

その点、各種SNSはタイムラインでコンテンツを表示するため、大手企業のコンテンツは表示されたとしても一時的なものに収まっています。それよりも個人のオリジナリティあふれる薄いコンテンツが表示されることになります。

ですから、これからは定番のカッチカチの記事はGoogle検索を利用し、個人の意見や主張を知りたい場合は、SNSを利用する流れが加速していくはずです。

だから今からドメイン取ってワードプレスでブログ作るのはどうかなぁと思います。

 

コメント