初期のブログ投稿の無利益な期間を過ごせるかどうかが分かれ目

ブログを始めるといきこんで記事を投入します。渾身の記事を書いてデザインもつけて公開する。でも誰からもアクセスが来ない。

何記事か続けてもまったくといっていいほどアクセスがない。成功報酬なんて遠い世界の、アクセスすら来ない時期があります。ブログはその時期を耐えられるかが分かれ目だと思っています。

誰もが最初に夢を見て月に数万円、よければ数十万円稼ぎたいと思ってサイトの副業を始めるはずです。でもがんばって時間をかけて書いた記事が誰にも読まれない。いや読まれる前段階の見つけられることもない。そんな気分。

無意味な行動は人間には辛いものです。一生懸命書いた記事は誰かに読んでもらいたいと思っています。そして認めてもらいたいと。人の承認欲求ですね。

インターネットって本当にアクセスが来ません。最初の頃は当然ゼロアクセスが続きます。自分の人生をかけた記事を公開しても誰の目にも止まらないんですからね。それは萎えますよ。

ブログは最初のアクセスが来ない時期にどれだけがまんして続けられるかにかかっていると思います。アクセスがない、反応がない時期に耐えて記事を投入し続けるとだんだん見てもらえる機会が増えてくるのです。

よくブログを初めて一ヶ月でこんなに儲かったといった話がありますが、ほぼ嘘ですし無理があります。その人のネット履歴は長くていろんなブログを失敗しながら続けていた。その経験を生かして始めたブログが一ヶ月でアフィリエイトの報酬が出たといったとことでしょうか。とにかく超初心者が一ヶ月で成果を出せるのはまれです。

僕は始めて一ヶ月で成果が出るのは良いことだと思っていません。どうやればアクセスが集められるのかや、何も評価が得られない時期を過ごした経験がその後に生きるのです。

ビギナーズラックで当たったとしても怠慢にならず日日勉強をし続ければ大丈夫です。でも報酬が発生することが当たり前だと思っていると、苦戦し始めたときに挫折してしまいます。

ブラックSEOでアフィリエイト報酬を得ていた人の一部はアップデートでサイトが飛んだらどうしていいかわからなくなった人がいます。単にラッキーだけで片付けるのではなく、どうすればいいのか、どうしてダメなのかを考えながら運営を続けていく必要があるのです。

ブログは最初の下積み時代が辛いのです。そこで止めてしまうと成長がありません。ただ続けていれば必ず稼げるようになるとはいえません。

何も報酬がないけど楽しいから続けている。趣味のような感じでやっている人だったら問題ありません。ブログで稼ぐことだけが目的ならアルバイトでもしたほうが稼げます。

ブログで稼ぎたい人は、稼げなくてもやってて楽しいと思える人なら大丈夫。稼げるようになります。でも稼ぐことが目的ならやめたほうがいいですね。そんなアドバイスのお話。

コメント